競馬レースのランク

レースランイメージ

レースランクとは

G1>G2>G3>OP(オープン)特別>1600万以下>1000万以下>500万以下>未勝利・新馬
という形で、レースランク付けがされているので、見ているレースがどのランクなのかを知っておくと良いです。 左に行けばいくほど、レースのランクが高くなり、右に行けばいくほどレースのランクは低くなります。

1600万以下、1000万以下、500万以下などは、収得賞金と呼ばれる馬がレースに出られる賞金額の条件です。その収得賞金額以下ならばレースに出走できる、条件付きのレースということです。
レースを面白くするために、収得賞金で出走レースが分かれる仕組みで、馬の強さをなるだけ均等になるよう調整されているというわけですね。
収得賞金については、JRAが定めた独自の方法で算出されますが、これは知っていてもあまり関係のない、知らなくてもよいことなので、「今までの収得賞金額で馬が出走できるレースが調整されている」と覚えているくらいで良いです。

この情報はけっこう重要な感じなもので、知らずに感覚で見ている人も多い部分だったりもします。OP(オープン戦)で条件になっている賞金額(1000万以下など)についても、何のことを示しているかわからなかったりする人も意外と多いです。
そもそも収得賞金って言葉は聞きなれず、使われにくいものですからね。
「出ている馬の収得賞金がいくらなのか?」を知っておくと、それは馬実績なので、予想に活かせる情報の一つです。
もっと細かく賞金について分けていくと、競馬には本賞金、獲得総賞金、収得賞金があるのですが、こちらは「競馬のコア話・業界話・秘密話」でお話しています。

競馬の祭典~G1レース~

レースによって盛り上がり方も違い、G1は世間でも騒がれる、よくニュースにも出てくる競馬の大きな祭典レースです。
G1を1度でも征した馬はG1馬と呼ばれ、その栄光はメディアに取り上げられたり、その馬は次のレースでも人気がほとんど上がります。
馬券を当てることで考えると、どのレースでもまんべんなくチャンスはあるので、気にすることはないのですが、やはりG1は競馬場に出向くと雰囲気が違います。
それだけ特別に位置付けられたレースでもあり、多くの競争馬がここで勝つことを目指しています。
ニュースや雑誌などでも話題になり、観客も多くなって、盛り上がりは最高潮に達します。ジャパンカップや有馬記念、天皇賞などは有名なGⅠレースです。

他にも有名所はたくさんありますが、年に1度しかない、どのレース、どの馬にとっても出走するだけで大一番のレースになるような位置付けです。
最高峰のレースなので、賞金も高く、ジョッキーや馬の陣営も気合いが入っています。
GⅡ、GⅢの重賞レースの上であり、競馬ファンが熱狂的に応援します。
勝った馬は、人の記憶にも残りながら、GⅠ馬の称号を手にし、一目置かれる存在になります。
また、牝馬限定や3歳馬限定のレースもあり、どの馬でも出走できるチャンスが1度しかないGⅠレースなどもあります。皐月賞、ダービー(東京優駿)、菊花賞、NHKマイルカップ、桜花賞、オークス(優駿牝馬)、秋華賞と言われるGⅠレースがその類です。
インターネットだけで馬券を買っている人も、G1レースが開催される日に、1度は競馬場に足を運んでみましょう。
競馬の醍醐味、面白さが1つ増えるかもしれません。

優良サイト一覧バナー

この記事のサイトは優良ですか?(★が多いければ優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (1 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントは受け付けていません。

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ