武豊の口コミ | 競馬を愛した天才騎手

武豊

武豊を知らない人はいないだろう!

彼ほどの天才ジョッキーは見たことないし、今後先も現れることはないだろう。

日本で一番有名な競馬騎手の武豊の凄さを口コミから見てみよう。

武豊のプロフィール

武豊 プロフィール
史上初・史上最年少・史上最速などデビュー以来数々の輝かしい記録を打ち立て、自らの記録さえも塗り替え続ける武豊は今年も世界の舞台で戦い続ける。

武 豊
生年月日 :1969年 3月15日
身長 :170cm
体重 :50kg
血液型 :O型
星座 :魚座
出身地 :滋賀県
所属 :栗東

武豊騎手の2010年から2013年の実績

2010年
ヴァーミリアンと共に臨んだ川崎記念(1月)をレコード勝ち。同馬の国内GI最多勝利数を「9」に更新し、幸先の良いスタートを切った。しかし、3月に落馬負傷して自身最長の4か月に及ぶ戦線離脱を余儀なくされる。夏の小倉開催で復帰、9月には関西所属騎手として初の日本騎手クラブ会長に就任。秋はスマートファルコンに騎乗したJBCクラシックで4連覇を達成。ジャパンCをローズキングダムで制し、23年連続GI勝利を果たす。年末の東京大賞典で再びスマートファルコンに騎乗。ダート2000mでは従来の記録を0秒6短縮し、2分0秒4の日本レコードで圧勝を飾った。

2011年
6月に自身の持つ通算勝利記録を3400勝へと更新。8月には英国・アスコット競馬場で開催される「シャーガーカップ」に世界選抜チームの一員として2008年以来5度目の出場を果たし、第2戦ステイヤーズ(1着)での騎乗が当日の最も優れた騎乗を讃える「Ride of the Day」に選出される。秋のJBCクラシックではスマートファルコンとのコンビで連覇を成し遂げると同時に、前人未踏の同レース5連覇を達成した。また、東日本大震災の復興支援を期し、騎手会長として被災地訪問、募金活動などを先導した。

2012年
2月にトレイルブレイザーとのコンビで京都記念を制覇。新人時代から続く重賞勝利を26年連続に更新する。8月には英国・アスコット競馬場で開催された騎手対抗戦「シャーガーカップ」に世界選抜チームのキャプテンとして出場。個人戦4位に奮闘するとともに、チーム対抗戦での優勝に貢献した。11月のマイルCSではサダムパテックを駆って2年ぶりのGI制覇を飾り、中央競馬におけるGIレース完全制覇へ朝日杯フューチュリティSを残すのみとしている。

2013年
1月にカレンケカリーナとのコンビで通算3500勝を達成。2月にはトーセンラーで京都記念を勝ち、新人時代から続く重賞勝利を27年連続に更新する。5月の日本ダービーをキズナにて制覇し、前人未到の同レース5勝目を挙げ、7月にトルコで開催された「トルコジョッキークラブ国際騎手招待競走」にJRA代表として参加し、外国招待騎手チーム団体戦の優勝に貢献する。さらに11月、トーセンラーでマイルCSを連覇すると同時に、GI100勝を達成した。

武豊の口コミで有名な名言集

・ゴールの瞬間、まるでサイレンススズカが後押しをしてくれたようでした。

・あなたにお金を借りた覚えはありません

・競馬は結果がすべて。
結果を競っているんであって、
努力を競っているわけではない。

・昨日のボクより上手に乗れるようになっていたい

・大一番の前は、緊張するし、ドキドキしますけど、ぼくは、そのドキドキが大好きなんです。
これがなくなったら寂しいだろうな、と思う。
レース前はぐっすり眠っても、レースのあとは興奮して眠れないことが多いですね。

・成功したらどうしようとは考えていますが、失敗することは全然考えてないです

・日本でトップになっても、それは『日本一』でしかない

・自分の技術だけじゃ
どうにもならない。

・走るのは、だって、
意志の通じぬ、馬のほう。
だからこそ、楽しい。

・馬とともに走り、
馬とともに勝つのは、
人生をかけて追い求めるのに
ふさわしい巨大な謎だから。

 

優良サイト一覧バナー

この記事のサイトは悪質or優良ですか?(★が多いければ優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (7 投票, 評価平均値: 4.43)
Loading...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ